Solutionお悩み解決事例

お悩み解決事例

ビニール加工業界の事例

Case6
ビニール製の腕章カバーに直接貼れる面ファスナー

お客様のお悩み

高齢化や業界縮小が進む中、年々厳しくなる短納期要求

ビニール加工や縫製加工は海外への生産移行が進み、残っている国内業者も業界の衰退が進む中で高齢化し、機械設備の増台もままならない状況であることも多いが、逆に案件の短納期化は年々進む一方で、短納期化に繋げることが出来るアイデアを探している。

アラコーからのご提案

AKテープ PVC対応粘着タイプで脱機械!人海戦術を!

従来、軟質塩化ビニルは可塑剤を多く含むため、粘着剤を使うと可塑剤と反応してドロドロと溶け出てしまう問題がありました。そこで、可塑剤の影響を受けにくい粘着タイプを使うことで、面ファスナーを「ウェルダー加工(機械)要らず」「縫製要らず」で取り付けることが出来、作業時間・生産効率の大幅な改善に繋がります。

解決後ユーザー様のコメント

今まで刺繍腕章は、フエルトに刺繍をしてビニールを被せる加工をした後で、面ファスナーを最後に縫製で縫っていたんだけど、これは貼るだけで済むから作業時間が大幅に短縮したし、ミシンと違って誰でも出来るのがいいね!
納入後2、3年経つけど、今のところ粘着剤のトラブルも聞かないよ。

ご提案した商品はこちら

一覧に戻る