COLUMNコラム

お知らせ

2021.03.22

アラコーコラムvol.19「逆転の発想」

面ファスナーのメーカーとして営業をしていると、本当に色々な使い方をされるお客様に出会うことが出来ます。

私が過去に一番感慨を受けたアイディアは、面ファスナーの係合力を使ってリハビリ商品を考えられたお客様がいたことです。
ご存知の方も多いかと思いますが、面ファスナーのオスとメスのくっつく力は、はくり方向(180°方向)は人の手で容易に剥がせる強度ですが、引張方向(水平方向)はとても強靭な強度があります。

この、『方向』による強度の違いを利用して、接着させた面ファスナーを円を描くようにねじる方向に動かすことで、ビリビリビリビリ・・・と、握力など手の機能回復・維持に役立つ製品を作られていたのです。

着脱の部材としてではない、まさかの用途に、とても感嘆したのを覚えています。

最近では、SNSなどの発達により、一般消費者の方も色々な面ファスナーの活用法を紹介しています。

その中で逆転の発想だな~と思ったのは、毛が絡みやすい、という面ファスナーの特性を利用してお掃除道具を自作している方が散見されたことです。

特にお風呂場・・・
髪の毛、詰まりますよね?
我が家でも今まで歯ブラシを使って掃除していた排水溝を、面ファスナーで掃除してみようと思います。
割りばしなど棒状のものに面ファスナーをくるくる巻いて、みなさんも是非お試しください。

一覧に戻る