COLUMNコラム

お知らせ

2021.02.24

アラコーコラムvol.15「知って得する面ファスナーの豆知識」

面ファスナーと言うと身近な所で服や財布、バッグ、子供の運動靴など様々な分野で活躍している資材ですが、以前に比べてくっつきが悪くなったな~という経験はないでしょうか?

それだけ、その商品をあなたが愛用されていると言う証拠でもあります!笑

そもそも面ファスナーは触ると少し硬いJフック(オス)とフワフワしたループ(メス)が絡み合って着脱するような仕組みになっています。

ですので、どちらかにゴミがついたり、フックが伸びきってしまったり、ループが切れてしまったりすると本来の役割が果たせない状態になります。

それでは、どうすればいいのか?

■ゴミがついた場合
ピンセットや歯ブラシ、ガムテープ、コロコロなどを用いてゴミを取っていきます。
ガムテープでやる場合は強くおさえ過ぎてしまうとフックが潰れてしまうので優しくしてあげて下さい。

■ゴミを取っても復活しない場合
他の綺麗な面ファスナーにつけてもつきが悪い場合は、フックが伸びきっていたり、ループが切れてしまっている可能性が高いです。
この場合、取り替えてしまうのが一番手っ取り早いです。

面ファスナーは昨今では100均やホームセンター、手芸屋さんなどで簡単に手に入ります。
勿論アラコーでもAKテープ(面ファスナー)が手に入ります!!

簡単に縫製が取れそうな部分は糸を切って縫製し直して下さい。

箇所によって難しい場合はフック、ループ部分をカットして上から縫製、粘着(ボンドや粘着付)でも簡単に綺麗に付ける事ができます。

一覧に戻る