COLUMNコラム

お知らせ

2021.02.09

アラコーコラムvol.9「面ファスナーの選び方」

お客様からよく聞かれる質問で、『大手のマジックテープと何が違うの?』ということがあります。

織構造のノウハウは企業秘密的な要素が多いですが、各社が公表している情報で大きな違いがあるものは『材質(糸)』です。

マジックテープという商標を広く認知させた最大手さんは、現在はポリエステル製をスタンダードとしており、弊社ではナイロン製をスタンダードにしています。

そうなると、ナイロンとポリエステルって、何が違うの??という話になりますが・・・。おおよそのお話をすると、次のような違いがあります。

●ナイロン製・・・糸に伸度があるため、ねばり強く剥がれ、強度が安定しやすいです。肌当たりが良いので衣服などにも適しています。

●ポリエステル製・・・耐水性に優れ、白色も日光などで黄変しにくいです。糸の物性としてナイロンよりも固いため、肌当たりはナイロン製に比べ少々固く感じます。

各社、面ファスナーの強度としてはJIS-L3416に準じた試験での数値を公表しています。数字だけを見比べると、正直、使用に影響を及ぼすような大きな差はないのが実情です。

しかし、試験方法は「●kgのローラーで2往復圧着させ~云々・・」といった小難しい手法です。。

もちろん、人が面ファスナーを脱着するのに、そんなかしこまった付け方はしませんよね(笑)
では、人が無意識にパッとつけたり外したりするような日常使いではどうなのか・・??

そこを是非、ナイロン製とポリエステル製を手に取って、皆さんにお試し頂きたいです。

「あ・・・違う。」というのが、お分かりいただけると思います✌(^▽^)

一覧に戻る